右脳にある内的にピースフルな回路で生きていくこと

最近人から右脳を鍛えるよう言われて借りて見たDVD。

『奇跡の脳』

脳科学者であるジルボルトテイラーの脳が壊れてしまった。

ハーバード大学で脳神経科学の専門家として活躍していた

ジルボルトテイラーは37歳のある日、脳卒中で倒れる。

命には至らなかったものの脳の機能は著しく損傷、

言語中枢や運動感覚にも大きな影響が出るようになる。

以後8年に及ぶリハビリを経て復活を遂げた彼女は科学者として脳に何を発見し、

どんな新たな気づきに到ったのか。

を描いたTED形式で綴られている実話。

 

で、最初は失礼ながら右脳を鍛えるとか余計なお世話よ。

と思っていたもののお正月にあまりにやることがなさすぎて見てみた。

 

 

私の癖、情報収集。

興味を持ったことだとどこでも情報を集めるために飛んでいく。

そして感覚的なことをすんなり受け入れられなくて

情報による裏付けを取ってから次の一歩を踏み出す。

だってね、医療やっていて感覚的すぎて出鱈目だったら大変ですもの。

ねー。

 

けれども人間の体は当たり前なんだけれど

教科書通りにやってもどうにも思い通りにいかない時があって

仕事においてももっと直感や感覚的なものも必要なんだなと思う。

患者と話していて話しながら頭に浮かんでくる処方の方が

理論で攻めていくよりも効くことの方が多い。

そして感覚的で本能的に生きている人と出会うと

考え方もスッキリ、シンンプルでうらやましくなる。

また会いたいなと思う人はそういう人達ばかり。

 

分析的な人間が「左脳人間」

感覚的な人間を「右脳人間」

 

左脳は直径的、系統的に考え、左脳にとっては過去と未来が全てになる。

左脳は現代の瞬間を表す大きなコラージュの中から詳細を広いだし

さらにその詳細についての詳細を拾いだすようにできている。

そしてそれらを分類し、全ての情報を整理して

これまで覚えてきた過去の全てと結びつけて

将来の全ての可能性へと投影するもの。

左脳は言語で考え継続的な脳の話し声が

内面の世界と外の世界とをつないでいるもの。

 

それに対して右脳は現在が全て。

この場所、この瞬間が全て。

右脳は映像で考えて自分の動きから運動感覚で学ぶ。

情報はエネルギーの形をとり全ての感覚システムから

同時に一気に流れこみこの現在の瞬間が

どのように見え、どのように臭い、どういう味がしたと

感覚的なものが大きなコラージュになって現れる。

(「奇跡の脳」より抜粋)

 

情報を集めてその中から未来の可能性へと投影していく。

本来の感覚的な欲求よりもこうしておいた方がいいだろう。

が優先されなんとなく居心地が悪くなって

「現代は生きづらい」とか現代のせいにして終わらせがち。

 

「バランスよく生きる」「バランスが大事」なんて言われているけれど

そもそもバランスって?

バランスばかりを意識していても何もできないし

バランスには個人によって色んな取り方があるのだと思うけれど

左脳だけに偏って生活をしたのなら

右脳にある内的にピースフルな回路で生きていくことを

選択する時間をもっと増やすことで

軌道修正できてバランスのとれた生活になるのではと思う。

よく働いてヨガにはまる者、

がっつり仕事して旅行にはまる者、

本当は無意識にそうすることでバランスを取っている。

 

image-11 image-12

 

自然の中にいくと右脳の血流が上がるらしい。

御岳山で出会った木の根っこの階段、

ふかふかな落ち葉の道。

 

 

そして最近の課題、

よく健康相談に来るがっつり働く若い女性たち

不調の多くの原因が明らかに生活習慣の乱れ。

どうやって「暮らし」に目を向けるよう意識させるかだなー。。

まだすっきりしないけれどそれは右脳の回路で

過ごす時間を増やすことと重なるんだよなーー。

単純なようでいて説得力を持って伝えていくのはなかなか根気がいる作業です。

 

By 田村 英子